"中津らしさを引き出す再生"キタの北ナガヤ

2018/Renovations

キタの北ナガヤ(“キタナガ”と呼んで下さい)は、 “中津らしさを引き出す再生”をテーマに、建物再生活動Batonshipを中心に、 2018年に再生された複合ナガヤです。
(アリアナは建築意匠設計・監理で参加しました)以下、キタの北ナガヤHP引用

中津の町と、キタナガについて。
キタナガがある中津は、日本を代表する繁華街、大阪梅田(通称“キタ”)から北へ1駅、歩いても10分の距離にあります。
中津は超高層タワーマンションやオフィスビルの谷間に、時が止まったような古くて小さな木造家屋や、 車も通れない細い路地が多く残る、新旧混在な町です。
大阪にしては緑が多くて静かで、どことなくシャイな感じの町でありながら、ここにしかない、 店主のコダワリが詰まったお店が町の広い範囲に点在し、なんとなくヒップな感じがする町だと思います。 そんな町の、築年不詳の木造の8軒長屋を、耐震補強、屋根の葺替え、防音、断熱と、丁寧に改修しました。
訪れる全ての人(と猫)のサードプレイスとして、世界中の旅人の滞在地として、 キタナガが魅力的な場所になれればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
(Batonship 代表 小野達哉)

DATA

竣工
2018/06
用途
複合施設
構造
木造
階数
2階建て
企画
Batonship
意匠
アリアナ建築設計事務所
構造
バナナラボ
施工
中尾建匠