住と働、2棟の連なりが生む風景。五条坂の家

2016/House

清水寺に続く五条坂に面した観光地に建つ店舗・ギャラリー付個人住宅。
2階 木造棟(施主のギャラリー)、RC棟(住居)
1階 木造棟(店舗)、RC棟(住居)
地下 店舗、住居用専用駐車場、住居エントランス
地上レベルにはパブリック性の強い店舗・ギャラリーとプライバシーの確保が必要な住居が混在しているため、建物は自然と2棟に分離する計画となった。
木造棟はガラス張のシンボリックで軽快なボリュームで構成され、内部の見通しが良く、また集客性を高める。
RC棟は遮音性が良く、人通りの多い前面道路からはプライバシーを確保するため、最小限の開口部に抑え、格子を通して柔らかい光を室内に取り込む。
リビング・ダイニングはプライバシー性の高い1階レベルのガーデンへ大きく開いている。
それぞれの棟は、瓦の勾配屋根という共通項でまとめられている。
切り離された2棟の建築は、個の建築に留まらず、風景として街に関わることができた。

DATA

竣工
2016/07
用途
住宅
構造
RC造
階数
地下1階地上2階建て
企画
意匠
構造
TIS & PARTNERS
施工
レオパレス21